情報商材アフィリエイトで稼ぐネットビジネス虎の巻TOP
> スポンサー広告
> スポンサーサイト> SEO対策&ツール
> キーワードついて

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワードついて

2006年12月21日 12:42

キーワード

検索エンジンはホームページ上の文字列を単語まで分解し、

各単語別の重要度を計算します。


重要度の決め方は・・・・・。

重要度の決め方はその単語の出現頻度です。

つまり出現頻度の高い単語ほど重要なキーワードだと考えるわけです。

ただし、出現頻度は回数ではなく、

文章量が多いほど有利なのではありません。

全体の単語数に対する割合なんですねー。

全体で100単語ある中「家電」という単語が7回登場するなら、

「家電」の出現頻度は7%ということになります。


Googleなどはこの重要度をポイントとして考え表示順位を決めます。

例えばA・B2つのホームページがありGoogleで「家電」を検索した場合、

Aは「家電」の出現頻度7%、

Bは「家電」の出現頻度6%なら、

表示順位はAの方が上になります。

勿論、Googleはこれだけで表示順位を決めているわけではありませんが、

Aの方が「家電」の重要度が高いと考えられ有利になるということです。


例として、「家電」「激安」で検索されたいならば、
「激安の家電を販売してます。新品家電、中古家電など
全て激安にて提供できます。」
と書けば家電は3回、激安は2回と他の単語より出現頻度が高いので
重要なキーワードだと検索エンジンに理解されます。


ここで注意が必要なのは、出現頻度を高めすぎるのは
逆にマイナス効果だということです。


出現頻度は最高でも8%程度にしてください。


これ以上だと検索エンジンに
スパム行為だと思われてしまう可能性があります。


家電・家電・家電・家電・家電… と
単語を並べまくるのは絶対に止めましょう。
さりげなく文章に組み込むことが重要です。


応援ヨロシクお願いします。
   




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://pirogokigen.blog81.fc2.com/tb.php/22-99de4f07
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。